どれだけ働きたいですか?

ー 好きなだけ働けます -

こんな求人が出ていたらどう反応します?「稼げそうだな」「ブラックへの扉か?」「好きなだけ働かなくても良いってことか」・・・ なんか面接で出てきそうなテストですな。回答の仕方で働くことへの適性度が見えてくるような(笑)

 

一般的には労働量と収入は比例しているはずなのですが、どうもそれが当てはまらない職場もあるようで。傍から見ていれば「そんなとこ早く辞めちまえばいいのに!」と思いがちですが、そういう環境に限って辞められない事情を抱えていたりする。会社に弱みを握られているのか、本人の資質なのか。

ブラックという言葉が急に使われだしたのもバブルが弾けた以降のこと。昭和の高度成長期にはイケイケドンドン、誰もが競って我武者羅に働いていたような記憶があります。労働時間が長くなっても世間は寛容だったし労働者も表面的には不満を口にすることは少なかった。

それというのも労働量と収入が比例しており残業代もきちんと支払われていた。「みなし残業」みたいな怪しい仕組みではなく純粋に働いた分が還元されていた。会社もそれなりに潤っていたんでしょう。何もかもが右肩上がりが当たり前のような時代でした。今は先行き不透明だし会社も内部留保を最優先にして、いかに人件費を浮かせるかに躍起になっている。働いただけ損をするような感じがするのも当然の仕組みが蔓延っている。

 

現代は稼げる人と稼げない人が両極端になってきたように感じます。しかも労働量と収入が全く比例していなかったり。個人的な感覚としては稼げない人ほど労働時間が長いというイメージが強い。逆に稼げる人というのは労働収入に頼っておらず収入のシステムを持っていて、労働している時間以上に収入を発生している。例えば投資であったりオーナービジネスを展開していたりと。

FC(フランチャイズ)というのも、単なる労働者の世界から一歩上を見た働き方・収入のシステムに繋がる可能性があると思います。ただしコンビニのオーナーみたいに人を使って楽できるかと思いきや、結局はアルバイトが集まらず自分で長時間労働をする羽目になるケースも多々ある。人を使うビジネスは今の時代はリスクが高くなっていると思うので、私は場所・人・在庫が不要なビジネスに注目しております。

 

そう考えると軽貨物運送事業というのは個人ビジネスとしては十分有りだと思います。一応完全出来高制の報酬がベースですので労働量と収入が比例する下地はある。ただしこの世界でも要領の悪い人は収入は頭打ちですし努力・工夫のできない者は生きていけない。会社員感覚で仕事も収入も与えられるものとしてやっている人は早々に去っていくケースが多い。

何をするのも自由という自営業の特権を活かし、上手く副業・複業を取り入れていけば、収入は労働時間との比例どころではなく飛躍的に伸ばすことが出来ます。単に軽ドライバーやっているだけの人の常識を覆せるのです。収入を自分でコントロールできるというのはこの自由を活かす部分です。せっかくの自由を朝から晩まで一つの会社・一つの仕事に囚われてしまえば可能性は限定されてしまいます。長く働けば良いというものではない。長時間労働が大好きというなら別ですが。

 

ぶっちゃけ毎日同じ仕事していると飽きてきます。運送業は単純な仕事だけに、特に集中力が持続せず飽きっぽくなってくる中高年(笑)は何か工夫を取り入れていかないと毎日が雑になってくる。自分をコントロールするというのは、いかに楽しく長続きさせていくかを考えることでもあります。

常に新たな発見と創意工夫を続けていく。この新陳代謝が近未来的軽ドライバーとして強固な生活基盤を築いていくのに役立つのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です