非日常の刺激

今日は普通の平日だというのにほとんど仕事もせずに過ごしておりました。本日のメインイベントは、実はマンションのモデルルーム見学でございました。最高額のお部屋がナント2億を超えてます!!しかし都内ではありませんよ!横浜市内の物件ですが、1億は有り得ると思っておりましたが2億超えとは・・・ それでも即完売も予想されているほどです。(写真はイメージ)

 

人気の理由は商業施設直結で駅徒歩1分という希少性。何せモデルルーム見学が事前完全予約制で土日祭日は全然予約が取れなく、ようやく平日の日中に予約できた有様です。もともと今日は午前中に病院のMRI検査だったので本業はお休み。昼から副業の配送を1時間ほどやってそのままモデルルームに駆け付けました。曜日だけでなく見学時間も1日3回だけの予約制だったので何とも高飛車な販売姿勢だこと(笑)まあ平日の昼間に病院の予約したりマンション見に行ったりと好き勝手なことできるのも自営業の特権ですから有効に使わないとね!

 

で、弱小個人事業主のオヤジのくせに億ションを買うのか?と余計な心配をおかけ(かけてない? ^^;)して申し訳ございませんが、ご安心ください!買えるわけわけありませんから。

何せ一番安い部屋でも5千万以上してました。もう日当たりとか階層とか広さ・間取りとか全くどうでもよく、価格表の一番安い部屋を必死に探している自分がおりました。60㎡台2LDKで5千万円超です。ちょっと場所変えれば3千万円台で100㎡超の4LDKだって買うことが可能なわけですから、本当に立地的なこだわりがない人にはバカバカしさを感じる物件でしょう。

 

で買えもしないしフルローンも組めないオヤジが、よく臆面もなくそんな物件を見に行けたなぁと呆れていることでしょうが、理由の一つは投資物件としての価値を確認したかったからです。価格の詳細も面談すると販売前に知る事ができるし、投資を本気でやっている人は情報入手がとにかく速い!そういう行動力は恥も外聞もありませんから。役に立つかわからない予行演習です(笑)

一応ナンチャッテ社長のハッタリをかましてローン不適格のピントをずらしつつ、商談の体裁をつくるという高等テクニック(?)は実践で役に立つと思いますので、個人事業主の皆様も是非お試しいただければと思います。単に物件買えない人と思われるのは悔しいじゃないですか。店員に買えない客とバカにされるのが嫌でお店にも入れない品物も見れないと臆している人、結構いらっしゃるのでは?

 

この物件、賃貸で出したらいくら位?とか、固定資産税や管理費・駐車場代についても詳細を聞いてきましたが、ほぼ私が想定していた数字でした。一応軽運送業やる前に不動産の仕事してましたからその辺は不動産投資するなら生きてくるかなと。もし自己資金がギリギリ間に合って6千万ぐらいの部屋が買えたとしても、問題はその後にやって来ます。この物件の購入費以外のランニングコストは安い部屋でも月10万前後(固定資産税を月割にして)になる。住宅ローン以外に結構立派な賃貸を借りているようなもの。これがローンを終えても続いていくわけですから、やはり普通の方が住み続けるにはちょっと無理がありますね。

 

というわけで、私の場合も自己居住用ではなく投資としての視点の勉強として見学・相談に行ってきました。まあ本音はモデルルーム見学が大好きというのが一番の理由だったのですが。

あっ、ちなみに自営業でローン審査が微妙な人は、源泉が出る社会保険付きの副業やられている人ならその副業で審査を通した方が有利になるかもしれませんよ。私も社会保険付きの副業がその気になれば年収で200万以上になることも可能なので、たぶん本業より審査は通る可能性はあるかと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です