回復機能

ゴールデンウィークも1日目。子供の夏休みで例えるならまだ7月25日ぐらい。休みは始まったばかりだぜ!トランキーロ! ってなもんですか。

って余裕かましているのも最初だけ。立てた予定も消化できずにズルズルと日は過ぎて、宿題に手をつけないまま8月も残り2日・・・みたいな。

 

きっとゴールデンウィークも子供の日ぐらいになって後悔する人、少なくないんだろうなぁ・・・
ああすればよかった、こうしたかった と。最後はいつも自己嫌悪というお決まりのパターン。
あれ?書いていて胸が苦しくなってくるのはなぜだ? ^^;

日程に余裕があるほど最後が慌ただしくなるのは仕事も一緒のような気がします。なぜか人は切羽詰まらないと本気にならない不思議。トレーニングジムのインストラクターをしている時もそういうシーンに出くわす。営業時間終了間際になると利用者は「あれもやらなきゃこれもやっとかなきゃ」とやたらマシンをあっちこっちと焦って使いだす。それじゃトレーニングになってませんぜ、ダンナ と笑いを噛み殺しながら観察しているのですが、ラスト5分間で10種類ほどのマシンをとっかえひっかえチャカチャカやるのなら、じっくり一つのマシンと向き合った方が絶対に身になると思うのですが。

じっくり一つのことに向き合う。これ、まとまった休みをどう使うかにも通ずることかも知れません。

普段休み慣れていない人ほど休みの日にあれもこれもと欲張ってスケジュールを立てる傾向にある。旅行に行けばあれも観たいしこれも食べたいとか、せっかくの休暇も心身を癒すどころか必要以上に忙しくしてませんか?日本人の旅行ってまるでスタンプラリーみたいに思うのです。短時間で何か所行けるかとか、最近はインスタ用の写真撮らなきゃという強迫観念にかられ、挙句の果てに無理な撮影をしようとして大ケガをしたり他人に迷惑をかけたり。

まあ気持ちはわからないでもないですけどね。普段は仕事を休めないんだから。
ただ、休みをしっかり取れて優雅にバケーションを楽しんでいるイメージのあった(特に欧州方面の)外国人の方々も、最近では旅先でかなりマナーの悪い部分が頻繁に報じられるなど、人類全体が心にゆとりが無くなってきているのか思いやりに欠けた行動が目立ってきていると思いませんか?

知らず知らずに失われている心のゆとり。
連休期間は自分の時間を作れるチャンスです。世の中が浮っついている時こそ今一度自分を見つめ直し、あれこれ欲張らず、何かに特化・集中してやってみるのも良いかも。心身のストレス・毒素を徹底的に抜いてリフレッシュするには何が効果的ですかね~。滝行とか座禅修行とか最高っぽい!(笑)

 

私が35年ほど社会人やってきて確実に心身を蝕んでいくストレスと確信しているのは「アラーム等による強制起床」。
「オレは目覚まし時計なんか使わずに起きたい時間に起きれるぜ!」という人ならまだしも、睡眠というのは体の自然回復機能だと思うので、強制起床で回復作業を中断させられれば自覚症状がなくてもストレス要因にはなる。起きたい時間に起きれる人も、起きる時間に合わせようと体内時計が緊張しているはずなのでやはりリラックスした自然起床とは違う。

大型連休だろうが何だろうが、私が嬉しいのはアラームを気にせず自然に朝起きれること。最近は朝からの仕事は週4日だけなので残りの3日は睡眠という回復機能を活用すべく自然起床を実践している。とは言ってもお昼過ぎまで寝ているようなことはしていませんよ。

では強制起床の日と自然起床の日の違いは何かあるのか?

必ずしも絶対的にこれが違うとは言えませんが、会社員とフリーランスの違いという感じはあります(何だそりゃ)。
やらされ感と解放感と言えばわかりやすいでしょうか。「あぁ今日も仕事行かなくちゃ」と「さぁ今日も一日有効に使うぞ」というような違いは確かにあります。これが回復機能が十分働いたか否かの違いでしょうか。でもこの違いが毎日続けばストレス度には結構な差が出てくるとは思いませんか?

 

私にとってはこのゴールデンウィークは11連休。ただし完全休暇は無く毎日何かしらの収入になることはしています。でも朝からの仕事は入れてませんのでリラックスした自然起床が当分続けられるのは嬉しい。何かに取り組もうというリフレッシュしたコンディションには最適な環境です。新たな複業ネタも思い付いているので、せっかくの連休・まとまって使える時間ですので「それ」を育てることに特化して過ごそうと思っています。

サンライズとともに1日が始まり、サンセットとともに1日が終わる。そんな生活はもはや現代人には有り得ませんが、だからこそ地球上の生物としての本来のストレスフリーな姿なのかも知れません。裕福な方ほどサンライズ~サンセットに近い暮らし方をしているように思えるのは、マネーリッチ・タイムリッチ・マインドリッチがなせる業なのでしょう。ここは是非とも見習いたい部分です。お金の為、生活の為に体内時計を狂わせるような働き方を強いられている限りは、健康や幸せとは距離を置くことになる。

このゴールデンウィーク、今を楽しむことも大事ですが将来に向けてタネを蒔いておくことを考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です