底辺から抜け出そう!時間と報酬の搾取をどこまで許す?

個人事業主である軽貨物ドライバーは、独立していて雇用されない働き方なのですが、実は組織の中の最下層に位置する弱者である場合がほとんど。

にもかかわらず自分の置かれている立場や環境をキチンと理解せず、労働時間が長い・稼げないばかりを論じている人が多い。

 

ご存知の通り運送業界の世界は多層構造がまかり通っています。
荷主→大手運送会社→協力会社又は法人成りした元請け→個人事業主ドライバーという順に仕事が賃金を搾取されながら下へ降りてくるイメージ。

この多層構造は運送業だけでなく建設業等のガテン系の職種によく見られます。
何層もの中間搾取者を経て最下層にドライバーや労働者がひしめいている感じ。

一番下層で低賃金に耐え実労働をして、自分より上の中間搾取者を支えているという構図をどう考えます?

この世界に飛び込んできたばかりならまだ仕方がないところはある。
右も左もわからない中でとりあえず仕事があることは有難いことです。
ただそういう仕事は相場的には普通な報酬に思えても、その相場自体が下層の労働者においての相場であることを忘れてはいけない。

宅配ドライバーの求人などによくある1個当たりの配達単価などが良い例です。
これだけ「荷量が増えた」「人手が少ない」と言われながら配達単価はほとんど変わらないというのは何かおかしいと思いませんか?

荷主の立場にすれば荷物を増やしてあげているのだから運賃単価は下がるのが当たり前だろ?てなもんです。
経済的な考えで行けばある意味正論は正論。
運送会社側からは反論し辛いのもわかる。

しかし現実問題としては荷量の増加に伴い、積み降ろしにかかる時間や待機時間も相当増えており、付帯作業なども押し付けられたりして、単純に荷物の量だけで運賃を論じるのにも限界がある。

その上流の利益確保のために泣きをみるのが下層に位置する者。
大手運送会社はそこそこ利益は確保して下請けに丸投げできるからまだマシ。
その下の協力会社や元請けは最近は労働力であるドライバーが減る傾向にあり苦労している。
そして最下層のドライバーが労働対価として満足を得ることはほぼ無理。

しかし全体像が見えていないドライバーは自分が手にする報酬は、同じ立場の最下層相場でしか比較しないため、満足はしないが仕方がないとあきらめているのでは?

 

最近流行りのマッチングアプリによる配送仕事も、働き方としては新鮮で期待していました。しかし何か上流が作ったシステムに実はいいように働かされているのでは?という気がしてきています。

基本的には簡単に登録でき、好きな時にすぐ始められるという、配達仕事というよりゲーム感覚なノリで出来るから若者を中心に人は集まっている。

ブーストやクエストというインセンティブでモチベーションを維持させる辺りは、一般的な軽貨物の仕事にも取り入れて頂きたいアイデアですけどね。
能力やヤル気のある人が稼げるという部分は仕事には必要ですから。

 

YouTubeでは少し前まではAmazon Flexが主流でしたが、最近はウーバーイーツやPickGoに関する動画が続々とUPされていて、最近は攻略法みたいな内容が多いですね。

しかし攻略法といったって所詮低単価の仕事を数こなす方向にしかならないのですから、やはりウーバーの思惑通りに働かされているという感じがいたします。

労働基準法が及び難い個人事業主を煽って、巧みに労働集約型のビジネスモデルを回している。

やっている本人達には時代の先端の仕事をしていると錯覚させ、競うように月に40万稼いだ50万稼いだと報酬自慢をさせる辺りはなかなか旧態依然の運送業界にはあり得ないセンスだと思う。

 

一般的な運送仕事をしているドライバーは報酬を競うなんてことしてませんよね?いや競うことを諦めているというか、労働に収入がついていかないからそんな気力もないのか。

 

結局仕組みの下層にいる者が配送の仕事で収入を作ろうとすれば、「大量に運ぶ」「長い時間働く」という選択肢に集約されていってしまう。

私は他業種から参入してきたこともあって、まずこの運送業の多層構造と労働対価の悪さが伝統のように蔓延っていることに強い疑問を感じずにいられませんでした。

もし運送仕事で一皮むけようと思うなら、今の階層から上で働くことを考えるべき。
自分で仕事を取ってくれば、それだけ搾取されることがなくなる。
法人成りして元請けになり人を使えば、ある意味不労所得を生むことも可能。

要は自分でコントロールできる部分を仕事の中にどれだけ持てるかということ。

最下層の立場で毎日出された荷物を朝から晩までノルマのように必死に運んだって、せいぜい日銭で2万~3万ぐらいなもんです。
もちろんそれだけ売上げたら大したもの。というかそれだけのスキルがあって最下層でくすぶっていることが勿体ないと思う人がこの世界に何人もいる。

 

サラリーマン的に働かされることが好きな人ならまあ仕方が無い。
しかしせっかく独立していろいろなことが自由に出来る立場を手に入れたのですから、野心を持って可能性にチャレンジして欲しいなぁと思うのです。

あと2か月もすれば60歳になってしまう爺さんから見れば、40代なんて可能性の塊ですよ。
その歳で軽貨物の仕事をやっていることはどれだけチャンスだらけなのかに早く気付いて欲しい。

そして階層の中の自分を意識して一つでも上の層に行くイメージで毎日を過ごせば、必ず新しい働き方が見えてくるはずです。

心も時間も奪われた単調な下層生活におさらばしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です