ワクチン接種券が届いたよ!

新型コロナウイルスのワクチン接種が遅々として進まない横浜市ですが、昨日ようやく私のところにワクチン接種券が到着いたしました。

なんとか市内の65歳以上の高齢者への接種券の発送は一通り終わったようで、私の場合は「64~12歳の方へ」という大雑把なブロックの扱いとなっておりました。

 

しかし64歳以下と言ってもその中で優先順位があるようで、まずは「基礎疾患のある方」(重症化予防)及び「高齢者施設等従事者」(クラスター対策)から優先的に接種を受け付けていくようです。
ちなみに優先接種対象者以外の人は改めて時期の詳細が決まり次第通知が送られてくるようです。
現在の段階では8月頃を目途としているようです。

別のブログでは度々お伝えしておりますが、私には腎臓結石と膵臓腫瘍(浮腫)という定期検査・観察中の持病があり、これは「基礎疾患」にあたるのかどうかという微妙な部分があり、皆様の中にも似たような持病を抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

接種券と同梱されていた中に予約方法や基礎疾患についての解説書がありましたが、具体例の中には私の持病は該当しない感じがいたしました。
「慢性の腎臓病」が基礎疾患の例にありましたが、結石はちょっと違うニュアンス。
もしご自身が基礎疾患に該当するか否かわからない場合は掛かり付けの医療機関に問い合わせして確認いたしましょう。

私は急いでワクチン接種したいとも思わないので8月以降で全然構わないし、もしかしたらそのうち新型株に効果的な新しいワクチンが開発されるのではないかと期待しています。
その場合、バージョンアップとして旧ワクチンは接種しなくてもよくなるんですかねぇ?

どこの自治体でもこんなペースで進行していたら国民の過半数がワクチン接種を終える前にオリンピック・パラリンピックは終わってますね(^^;)
どこが安全・安心な大会なんだか・・・

 

今回送られてきた接種券と同梱されていくつかの書類がありました。
接種券自体は券番号とか個人情報があちこちに記されているためお見せできないのですが、先に紹介した予約方法・基礎疾患に関する案内書の他に「ワクチン接種の予診票(2回分=2通)、「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」がモデルナ社製用とファイザー社製用それぞれの分が入っており、ファイザー社製は12歳以上モデルナ社製は18歳以上が接種対象となっているようで、気を付けたいところです。

ワクチンは2回とも同じ社製のものを接種すること、それぞれ対象年齢以下の人に対する有効性・安全性は明らかになっていないこと、現時点での感染予防効果は明らかになっていないこと、接種後に副反応が現れることがあること、接種後の健康被害等の注意事項が書かれているのでしっかり目を通しておきましょう。
ワクチンを接種したからと言って、「もう大丈夫!」ということでは決してありません。あくまでも重症化するリスクを低減させる手段の一つということを肝に銘じておきましょう。

 

ようやく日本人に行き渡ろうとしているワクチンは、どこの会社製のものでも新たな変異株に対してどのぐらい効果があるものかは確認できていません。
もしかしたら新種株に対してほとんど効果が無い可能性もあります。それだけウイルスの変化・進化のスピードは人類の対応を嘲笑うかのように先へ進んでいくのかもしれません。
特に日本のお粗末な対応では周回遅れどころの話ではなく、これで世界中の人を集めてオリンピックを強行しようというのですから恐ろしい。

横浜市の当初の新型コロナウィルスワクチン接種スケジュールでは、80歳以上(約29万人)に対して接種券発送予定が3月下旬となっていました。
以降、4月上旬に75歳以上(約19万人)、4月中旬に70歳以上(約24万人)・65歳以上(約20万人)、その後5月から基礎疾患保有者・高齢者施設等従事者・それ以外の方(計約250万人以上)という予定で発表されていました。

行政の規模や取り組み方によって進行具合も同じようには行かないのは当然として、だいぶ挽回してきたとは言えまだ2ヶ月ほど遅れている。
まあウイルス接種に関する業務だけでも相当な猥雑さは理解できるし、早くから集団接種会場に指定されてしまった市内の公の地区センターやスポーツセンター等では、接種が完了するまで本来の仕事が失われている人も多数いる。


接種が今後予定通り進んでも数百人規模で半年以上の雇用が無くなるわけで、だからと言って新たな雇用が生まれたわけでもなく、結局は行政と医療従事者の方々の負担が増えている。
そういう事情を汲まずに我先にと接種を争う醜い人間の姿を見るのは辛いなぁ。

ワクチン接種にも命に関わるリスクは存在する。
ご老人の方々の中にはとにかく接種すれば安心という空気がありますが、たぶん今回発送されてきた接種券に同梱されている様々な案内書・説明書はきちんと読まれないのだろうなぁと想像しています。
それだけ結構細かく面倒な書面でしたから。

私はまだギリギリ総合判断が働くジジイだと自負(勘違い?)しておりますが、いつか自分本位に喚き暴れ出す老人となる日が来るのだろうか?

人は赤ん坊に生まれ、やがて赤ん坊に帰っていく定め。
本人だけが自覚していないまま朽ちていくのは悲しいなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です