休みの在り方

お盆休みも後半戦、Uターンが集中する今日明日ですが、そこへ大型台風が西日本方面に上陸。

進行速度が遅く影響が広範囲&長時間になるため、渋滞だけでなく交通機関全体がマヒすると移動手段も無くなってしまう。

 

帰省だけでなく旅行中、もしくはこれから予定されている方々にも多大な影響が出そうですね。今年の日並びを見ると、台風の影響が15~16日の2日間に及んだとしても17日・18日が土日なので、一般的な会社員の休暇スケジュールではまだ猶予は残されていそう(?)

もっとも連休最終日まで長旅から帰宅するためのギリギリの闘いをするなんて、特に家族を連れたお父さんにはたまったもんじゃないですよね。一体何のための長期休暇だったのか?心身をリフレッシュするどころか連休前より疲労困憊して勤務に復帰するとかわけがわからないですね。

 

他人のルールで行動が決まってしまう・黙って従う従順勤勉な会社員が多い日本社会では、出勤時間だけでなく休暇もほぼ横並びになってしまうので、移動が集中し休日でもストレスを皆で共有するようなおかしな世界を作り出している。一応個人レベルでは不満を口にするが「それも給料のうち」と無理やり自分を納得させ会社へ忠誠を誓う。その忠実なしもべ達を簡単に人員整理する薄っぺらい雇用関係が最近になってようやく皆に知られるようになってきた。

ただ雇用関係の危うさを知ったところで何をどうできるわけでもない。あまりにも会社に依存し過ぎている生活と、会社の外で勝負できる武器を持たない洗脳された戦闘員たちは、会社に自分の運命を全て握られてしまっている。

外で闘う武器を身に付けたごく一部の者は、洗脳された環境から脱出し自己を取り戻すためのチャンス・可能性を得ることが出来る。それでもそこから成功に至る道のりは平たんではない。もしかしたら前の環境で洗脳されたままの方が幸せだったかも知れないのですから。それは自分の人生をどうしたいかにかかってきますけど。

 

周囲と横並びで動いている時は楽です。
よほど突出した考えや行動をしない限り攻撃のターゲットにされるわけでなく、時間や行き先は皆と揃えるだけで良い。自分で工夫する必要も無くひたすら波間に漂っているだけで心地良い時間は過ぎていく。

しかしひとたびその環境に急激な変化が訪れた時、リスクヘッジをしてこなかった者には試練が訪れる。今回の民族大移動のタイミングに台風が直撃とかまさにわかりやすい。代わりの移動手段を求めて右往左往するのはいつものこと。移動手段がみつからないと責任転嫁を始め空港や駅の職員を攻撃している虚しい者の姿をニュースで何度も見ますよね?
逃げ場の無い行動予定を受け入れたのは虚しい者自身でしょうに。

 

何も選択肢がないように決められた休みに余裕なくはめ込んだ移動スケジュール。毎年のことだし車も電車も飛行機も混むのは当たり前。料金が通常よりかなり割高になるのも承知。しかも数か月前から予約=行動確定 が必要とか、それが自分や休日を楽しむことに価値をもたらしているのだろうか?そんな休日のあり方を変えようとしない横並び族は本当に心地良いのだろうか?

夏は日本は台風シーズンである。だからと言ってそこへ旅行や帰省等の一大イベントを予定するのは非難されることではない。休みをまとめて取りやすい時期だし子供は夏休み。家族で出かけるにはこれ以上ないでしょう。

しかし結局は8月の特定の短期間に皆の行動が集中してしまう。混んでもお金が余計にかかっても昭和の時代から変わらない変えられない(?)。そこに台風やら地震やら噴火やらが起きてしまうともう流れに身を任せていた者達に逃げ道がなくなる。台風のように何日も前から来るのがわかっていても「せっかくの休みだから」「キャンセル料がもったいないから」と災いの中に身を投じるような馬鹿げた選択肢を行使してせっかくの休日をただ消化する。
柔軟に休みや行動を決められない者のリスクと言えましょう。

 

そもそもシーズン料金が設定されているような時期に休みをとらねばならないことに真剣に疑問を持つべし。「会社の決まりだから」「仕事だから」という反論は当然わかるのですが、本当にそれが大義名分として不可避なのだろうか?有休・有給も使い方に変な縛りがある会社だとしたらそこを疑っていかないと。

お盆休みを1週間ずらすだけで家族旅行なら数万円の違いが出る。会社休んでもお釣りがくる位の家族的に経済効果をもたらします。交通機関も空くし道路も空く。移動の疲労感も全然違う。

何でわざわざ激混みで料金が高いタイミングでしか休みが取れない働き方をしているのか?そんな生活が今後もずっと続いていくことが自分にとっても家族にとっても幸せことなのだろうか?

まあ上を見ればきりがないし下をみてもきりがない。でも疑問すら持たないのは洗脳されているのか向上心が無いのか、横並びが最高と思っているのか。

 

軽運送業でも宅配仕事ではお盆休みも年末年始も働かれている方はいらっしゃいます。ただその代わりにシーズン料金を外した時期にまとめて休むこともできますし、「ここしか休めない・休ませない」ということは大手なら超繁忙期は有り得ますけど、今は最終的には個人の希望が通るし通らせないとますますドライバーやる人がいなくなっちゃうので会社は弱腰(笑)です。ガチガチの会社員に比べれば融通の利く休暇の取り方は出来るので、好きな時に安くゆったり旅行したいとか生活の満足度を重視するのであれば、会社員というのはやはり他人の時間を生きる仕事だなぁと改めて思ってしまいます。

でも極端な話、会社員でもムチャクチャ給料が良いならいくら高い時期に何しようが何も感じないかも。逆に誰もついて来れないレベルの予約入れたり貸し切りしたりして無理やり快適さを創り出す荒業が出来る!「高い~」「混む~」という凡人達が嘆き散らす同じ時期に世間を下に見ながら数ランク上のサービスを満喫する。

条件が悪いと思われる中で快適さを得る。う~ん、エグゼクティブ!
近未来的軽ドライバーが目指すのはまさにこのポイントです!

自由と働くことの両立は人間の永遠のテーマでしょうか。
本当のお金持ちは必ず両立させてますけどね ^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です