凡人・凡才が秀才・エリートに勝つ方法

数十年も生きていると、これまでに「ああすれば良かった、あんなことしなきゃ良かった」と後悔することの一つや二つは誰にでもあったと思います。

その時は何気なくやり過ごしていたことが、後々の人生に大きな影響を与えることになってしまうことはよくある話。
今になってはどうにもならないと諦めがちですが、そんな後悔を少しでも挽回することは出来ないものでしょうか?

 

多くの方に共通しそうなのが、「若い時にもっと勉強しておけば良かった」という悔やみ。
若気の至りというか、目の前の勉強をすることが将来の自分にどのような価値をもたらすかがわかっていなかったんですよね。
それが早々にわかっていた極少数の人間は、大学に行く理由や将来への道筋が見えていたのだと思います。

早くから勉強することの大切さを理解した人は、一般的には進学・就職に有利に働いたことであろうし、勉強に手を抜いていた者と比べて早々に良いポジションを得たことでしょう。
世の中が安定した成長をしていたなら、絶対的有利を保ったまま人生を逃げ切れたのではないか?と

勉強を頑張らなかったことを後悔しているのは、今の社会の中の自分のポジションに卑屈になっているから?

もっと勉強していればもっと良い学校に行きもっと良い会社に入りもっと良い待遇であったに違いない!人生勝ち組になっていた!と。
果たしてそうでしょうか?

もしかしたら自分の潜在能力以上を求められる環境に入ってしまい、逆に社会人としての落ちこぼれになっていたかも知れません。
世間的に見栄えのする会社に入ることが出来たとしても、周囲はレベルの高い人間ばかりで仕事やノルマについて行けず、やがては心を病んでしまいお役御免!
それまでの努力が水の泡になってしまう人だっているんです。

逆に中卒でも高校中退でも社会に出て成功している人はたくさんいます。
彼ら彼女らは勉強しなかったことを後悔していたでしょうか?
もちろんもっと学ぶべきことはあったでしょうが、振り返る力より前進する力の方が相当強かったおかげで過去を振り切った。

今過去を悔やんでいる方がやるべきことは、悔やみを糧として将来に活かすこと。
後悔は先に立たず。前進する力に変えるにはどうするか?

若い頃に勉強しなかったことはもうどうにもなりません。
でも中高年になっても勉強はいくらでも出来る。むしろこれから何をどう学んでいくかというのはとても大事。
人生100年時代と言われる中、まだ何十年も収入を作っていかねばならないのですから。

中学高校で学んだ数学や英語はいくら点数が良くても社会に出てメチャクチャ役に立っていますか?
せいぜい大学に入るための審査対象みたいなもの。
それより経済・経営学とか金融・投資に関するお金の知識の方がよっぽど生きる力となる
何故か学校では教えてもらわなかった分野が生きていくために大事なんです。

だから勉強しなくて良い大学・良い会社に入れなかったことは、ダラダラ引きずるほど悔やむことではない。
それより人生最後に笑うためにはここからどう考え行動できるか。
学校では教えてくれなかった「生きるための知識」を頑張って会得すれば、老後の不安を解消することだって十分可能。

FIRE」というワードが世間を賑わしておりますね。
これまでの定年まで会社にしがみつくだけが安心・安全で絶対的な生き方ではなく、個々の意識改革と資産形成・運用で早期リタイアして悠々自適な生活が可能になることにようやく人々が気付き始めたということ。

年功序列・終身雇用・定年制の廃止、リストラの低年齢化、大企業でも倒産が不思議ではない世の中。
こうなると良い大学・良い会社に入った人間が勝ち組とは限らない。
学校では勉強しなかったが、将来に危機感を持ち「お金」について本気で学んでいけば人生大逆転も夢ではなくなる。
秀才・エリートを凡才な人間が凌駕するって、なんて痛快なんでしょう!

単にお金持ちになるということではない。働かなくても生きていけることが可能な世界。

こう言う話をすると「けしからん」とか「胡散臭い」と反論する人は必ず出てくる。
自分で理解できない世界の事はとにかく否定したがる。

しかし20代の経営者が次々に誕生し、これまでの常識はドンドン覆されている時代の流れをを受け入れないと。
自分のやり方が成功してきたのかもしれないが、他人のやり方でも成功は出来るんです。
出る杭を打とうとする日本人気質がおかしな常識を作ってきていましたが、もはや過去の慣習や考え方を突き破ったところにそれぞれの成功があることにようやく多くの人が気付き始めたようです。

例え過去に後悔することがあっても、今日からそれを挽回する術はあるんです。
覆水は盆に返らず。くよくよしても過去は過去。もう手の届かないところにある。

しかし未来はまだまだ自分で創ることができる。
決してこれまでの延長ではない。これからの頑張りで変えることができるんです。

50代60代で老け込んだり諦めたりするなんざ早い早い!
ましてや30代やそこらで何もやることが見つからないとか甘えてるんじゃない!

今、満足できない立ち位置にいるのはこれまでの努力不足。
でもここから挽回してやりましょう!

家族のためにも!そして何よりも貴方のためにも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です