カードの有効期限、契約の更新に注意!

ここ数日、当サイトに訪問して頂いた方々には大変失礼をいたしました。
サイトが表示されなくなっていたことに誰よりもビックリしたのが私です(^^;)

サイトが見れないどころかWordpressの当サイトの管理ページにもログインできなくなっておりました。
Wordpressでは稀にプラグインの不具合等で過去のデータが失われることがあるという話を思い出し、「うわぁ、マジか~」と焦りました。

 

しばらく原因がわからずいろいろと試していたところ、ふと最近使わなくなっていたメールアドレスにドメイン会社から何回か連絡が入っていたのを見つけました。
ナントこのサイトのドメイン(kcar.work)の更新期日が迫っているお知らせ~入金確認が出来ていないお知らせ と、大事な通知をスルーしていたんですね。

もうご存知のようにドメインというのは、インターネット上の住所にあたるもの。
URLの末尾に付いている「.com」とか「.net」「.jp」など今では数百もの種類があります。
そこに自分の好きな文字列を組み合わせ、他に誰も使っていないと確認できたものを独自ドメインとして申請すれば、個人でも使用できることになります。

「.com」や「.net」等、昔から一般に流通していて誰もが聞いたことのあるようなドメインは、今では短くて覚えやすいような独自ドメインを考えたり探すのは大変困難です。
一方で最近では「えっ、こんなドメインあるの?」というような、身近な覚えやすいドメインが多数出ています。

例えば「.tokyo」とか「.yokohama」みたいなドメイン、どうですか?
誰もが考えそうな「2020.tokyo」や「casino.yokohama」「oikakete.yokohama」みたいなものはすぐ取られます。。
ちなみに私はこのサイトの「kcar.work」の他に、「.com」で2つ「.yokohama」で1つ、短くてイメージしやすくて覚えやすい独自ドメインを取得して運営・管理しております。

誰でもドメインは簡単に取得できますけど、一応有料になります。
大体は年数契約で、安いものだと年間数十円、高いものになると年間3,000円以上。単年契約でも複数年契約(ややお得)でも選べます。
その他にもサーバーレンタル費というものもセットのように必要になることが多い。

今回私がうっかりして更新を忘れていたのはこのサイトで使用している独自ドメインを複数年契約にしていて、しかもクレジットカードでの自動引き落とし(自動更新)にしていたのが原因でした。

複数年契約の場合は、例えば3年だとすると3年分の前払いというのが普通。
ただ3年も経つと指摘されなければ私のように更新のタイミングを忘れてしまうこともあります。
だからそれを防ぐために自動更新・自動引き落としにしていたのですが、それで何で更新できなかったのか?

実はクレジットカードの有効期限切れがちょうどドメインの更新のタイミングと被っていたのです。
カードの類って使わないと有効期限がいつだかわからなくなりません?

最近新しい有効期限のカードが届いていたことを忘れておりました。
皆様もカードの支払いで自動更新・自動引き落としにしているような契約、何かしていませんか?
そういう場合は面倒でもカードの有効期限が切れる前に契約先に新たに申請しておかないと、今回の私のようなトラブルになったりします。

今回の場合は独自ドメインを使ったサイトが使えなくなるというわかりやすい警告があったから気付いたようなもの。
すぐに入金しましたが、更新日を過ぎての入金はドメインの利用回復まで数日かかるようです。
実際は独自ドメインの更新を1ヵ月怠ると権利の失効というケースもある。

 

これ例えばブログの更新を怠けて数ヵ月も放置・チェックもしていなければ、いつのまにかサイトは閉鎖・ドメインの没収なんてこともあり得るのです。
世の中にはいつのまにかサイトが閉じられていることもありますけど、ドメイン没収というケースもあるんでしょうねぇ。
そうなるとまた新たに独自ドメインを探さなければならなくなる。

運が良ければ失効後すぐに同じ独自ドメイン(すでに一般に開放されていれば)を新規として契約できる可能性もある。
ただ希少価値のあるドメインは誰もが欲しいもの。一度リリースされてしまうと再取得は難しいかも。
実際には独自ドメインの売買も公に行われているんです。

私が所有している「.com」のドメインの一つはもう20年以上前に取得したもの。まだ一般の人がドメインが個人でも簡単に取得できることを知らないような時で、今では希少なドメインが結構選べた時代でした。
当時はドメインの所有者の個人情報が誰もが閲覧できるような状況で、私にも直接「そのドメインを譲ってくれないか?」と問い合わせを受けたことがあります。
その時は条件が悪かったので譲渡せず今でも私が管理しております。これも私の資産と言えますかねぇ?

今はドメインを販売している会社(お名前.comやムームードメイン等)が窓口となって代行するようなサービス(Whois情報公開代行サービス)があるため、個人情報が誰かに知られる危険性はほとんどありません。

しかし契約しているサービスが料金滞納するとすぐにストップしてしまうというのは怖いものですね。
代表的なものは水道・ガス・電気や携帯などの身近なインフラにもあり得ます。

さすがにインフラ類は生命に関わることもあるので突然止められることはない(過去に滞納を繰り返したりしているとヤバい?)でしょうけれど、ドメインやら娯楽の類は利用している側も空気のような感覚でいる場合が多いと思うので更新を忘れがちです。

サービスがストップしてしまうのも怖いですけれど、携帯のように2年縛りの自動更新というのも嫌ですよね。
目立った連絡もなく(月々の請求明細の中に小さい文字で手数料無く解約する条件やプラン変更が可能なことが記載されている)、気付いた時には新たな2年縛りが始まっている経験、ありませんか?

 

賃貸住宅の更新と一緒で「更新料払ったばっかりだから」とか、「解約手数料が勿体ないから」とかで本当に自分が求めている目の前のサービスやチャンスを失っている人って結構いらっしゃいますよね。

「勿体ない」という心理、本当に勿体ないのでしょうか?
手数料を払ってでもそのタイミングでしか得られない、貴方にとって本当に大事なものがあるのであれば、思い切って前に進むことで大きなリターンとなって返ってくることもあります。

人生、長いようで短いです。
我慢ばかりしているとアッと言う間に過ぎ去ってしまいますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です