自分で収入を決められる働き方

日本人の生活スタイルに大きく影響を与えているコロナ過の問題ですが、皆様においてはどのような変化がありましたでしょうか?

テレワークを導入した職場も多かったと思います。
一方では感染に怯えながら毎日満員電車通勤に耐えている人も大勢いらっしゃる。

「変化に順応できる仕事・働き方」、「何も変えられない仕事・働き方」、今まであまり意識されてこなかった「働き方の中身」が一気に炙り出された感がありますね。

 

働き方の中身だけではなく収入面でも変化を受け入れざるをえなかった人も少なくはない。
時短による収入減、休業要請による失職、賞与ゼロ・・・

正社員という安心(?)の上に胡坐をかいていた者は、突然のコロナウイルスという有事に右往左往したことと思います。
一方で普段から常に現状に危機感を抱いている者は着々と次のステップへの準備を進めており、コロナを今の会社や働き方に見切りをつけて新しい世界へ羽ばたいていくキッカケにしている者もいます。

慌てふためき振り回される者と騒動をも利用してステップアップしていく者。
つい先ほどまで横並びと思っていたのにこの差は一体何なのか?
本気・本性を現した者は逆境をも自分のエネルギーに変えて前へ進んでいく。
ぬるい環境にどっぷり浸かり飼いならされた者は時代の変化についていけず沈没する。

 

収入を他者に依存している場合は社会経済の変化や相手の都合で思わぬ危機が訪れることがあります。

いくら労働者側に働く強い気持ちや優れた能力があっても、依存先の加減次第・社会情勢次第でどうにでも転がされてしまう雇用関係の脆弱さ。
ましてや収入源が1本しかないというのは、1本のロープの上を綱渡りしているようなもの。
昨日までは丈夫に見えていたロープが明日も大丈夫とは限らない。

 

日本人の一般的な働き方というのは、これまではどこかの会社に入って一生お世話になるパターンが多くを占めていましたが、終身雇用制度が維持できなくなりリストラや減収が当たり前、誰もが転職を意識する時代になっています。

もはや転職は恥ずかしいことではなく、生き抜くためには必要不可欠な行動とも言えます。

そもそも転職を躊躇ったり理不尽な労働環境に我慢を強いられるのは、自分で収入をコントロールできない働き方をしているからだと思います。

転職して収入が減ったらどうしよう・・・ まだ今の環境に耐えていた方がマシかな?

という心の葛藤が誰にでも働きますよね?
でも自分で収入を決められないから行動も決められない。
相手の管理下で働くイメージしかできていないから苦労するんです。

 

もし労働時間も収入も自分で決めることができる働き方があったら貴方はどうします?
収入や時間を自分で決めるには

どこの会社で働くか?

ではなく

どんな働き方をするか?

で考えて見ることが大切なのですが、まだまだ日本人の頭の中は社畜・サラリーマン脳に侵されている。

これまでの常識や偏った思い込みを一旦クリアにして、「収入 = 働く」という固定観念ではなく、「どうしたら収入を作れるか?」という違った切り口で考えて見ると、だいぶ違った景色が見えてくるはずです。

 

古臭いと思われがちな物流・運送の世界ですが、マッチングアプリ等を活用した「好きな時に」「好きなだけ」働くという流れが広まってきました。
そこには面接や履歴書というものは無く、「登録」するだけというシンプルさがある。

もちろん黙っていても「仕事がある」「稼げる」わけではありませんが、自分でいろいろな複業等を組み合わせて労働時間や収入をカスタマイズできる面白さがある。

 

雇用契約ではないので全てが自己責任であり守ってくれるものはありません。
しかし他人が決めた収入ではなく「自分次第の収入」というのは、なかなかやってみると面白い。
少なくても飲み屋で会社や給料の不満・愚痴を垂れ流しているサラリーマンに比べれば、遥かに生きている実感がある。

どうせどこかの会社員でいても安く長い時間拘束され飼い殺されるだけ。
であれば1日24時間を自分で好きに使って収入を作ってみたいと思いませんか?

いろいろな仕事を経験するもよし。
起業してみるもよし。
最悪、何かアルバイトすれば1日1万円以上の収入は確保できるはず。
それでもブラックな会社にいるより手取りは多くなるかもしれません。

 

正社員に拘るとこれからの日本では働き口も少なくなるし、何より入社したからといって生涯が保証されるわけでもない。
むしろ中途入社組は結果を出せなければ即リストラの対象になりやすいという窮屈な環境に身を置かねばなりません。

中高年にはあと何十年も働ける時間は残されてはいません。
それなのになぜ相手に全ての決定権を握られる窮屈な働き方を目指すのでしょうか?

 

過ぎ去った時間はもう戻ってきません。
しかし未来はまだ貴方の考え方・行動次第で創り上げていくことが出来ます。

人生の中でたった一瞬でも「自分が自分であった時間」を創ってみましょうよ。
全てが誰かに支配されていた時間・収入だったなんて悲しすぎます。

働くのではなく収入を作るという考え方は、支配からの卒業と自分で収入をコントロールすることを可能にします。
100円稼ぐ、1000円稼ぐというレベルは今や小・中学生でも思いつきます。
難しく考えないことです。
家の中の不用品を売っても良いし短時間のアルバイトだっていいんです。

さあ!自分の棚卸をして何が収入に結びつくか考えてみましょう!
労働者側の脳みそから起業家側の脳みそに変わりましょう!
「できない」ではないんです。「やってみる」のです。
一歩踏み出してみれば食わず嫌いだった自分とはおさらばできるはず。

少額からの積み重ねがやがては生活できる程度の収入になる。
そうなれば自分で収入をコントロールできる面白さがわかってきます。

 

背伸びは不要です。
メインの収入があるうちからやっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です