掛け算で稼ぐ!

貧乏人は足し算で稼ぎ、金持ちは掛け算で稼ぐ。

起業家・ビジネスセミナー等ではよく聞く例えですが、足し算の稼ぎ方と掛け算の稼ぎ方には大きな違いがあり、そこを理解していないと一生懸命やっているつもりでも、いつまで経ってもお金で苦労する生活からは抜け出せませんよ というお話し。

 

足し算の稼ぎ方というのは、いわゆる時給制の仕事において顕著。
どんなに頑張っても時給以上には稼げない。1日は24時間であり、例えば時給1,000円で不眠不休で働いても1日24,000円の壁がある。それでも1ヵ月70万以上になるじゃないか!とツッコミたくなるかも知れませんが、まあ現実的ではない。時給1,000円の仕事で月70万以上稼ぐ方がいたら是非教えて頂きたいものです(笑)

貧乏人という言い方は少々失礼な感じはいたしますが、セミナー等ではポイントを脳裏に焼き付ける手法として刺激的な表現を用いることが多々あります。一生懸命働いているのに「貧乏人」と表現されたら、多くの方は潜在的に思っていることを突然指摘されたようでドキッとします。私もそうでした。どんなに頑張っていても一つ上のランクの生活に手が届かない・・・

 

コツコツという表現がしっくりくる足し算の稼ぎ方。確実と言えば確実なのですが、何が問題なのかというとまず自らの時間を全てそこに費やしてしまうこと。そこに時間を投下している間は他のことが出来ない状態になっている。時給に生活を支配されてしまっているのが貧乏人から抜け出せない一番の理由かも知れません。
そして稼ぐのに時間がかかるということも貧乏人から抜け出せない理由。コツコツ型の人がよくやるのが銀行貯金ですが、銀行の金利で積み立てでコツコツやっても一向に増えていかないのは経験したことがある人ならよくおわかりですね。
確かに「損」はしないのでしょうけれど、「稼ぐ」というイメージにはほど遠い。

 

一方、掛け算の稼ぎ方というのは、1馬力に拘らない。自分だけで働かず、人を使いお金にも働かせる。できうる手段を総動員して最大効率・レバレッジを効かせるやり方と言えばわかりやすいかな?
足し算の稼ぎ方と大きく違うのが、必ずしも自分の時間をそこに投下しないということ。そこで収入が発生している時に自分は他のことも出来る状況を作れれば、まさに掛け算的に稼ぐことが可能になる。2馬力3馬力と威力が増すことで稼ぎも増やせるし、時間を生み出すことも可能になる。そこで生まれた時間を利用してまた別の稼ぐ手段を考えていける。

 

要は 稼ぐための仕組み を作ること。稼ぐために働くのではなく仕組みを作る。お金持ちはそういう取り組み方をしているのであって、決して自らが長い時間汗水垂らして働いているわけではない。時給で働くなんて馬鹿馬鹿しいと思っているはずです。

 

実は軽運送業においても掛け算的に収入が発生するシーンがあります。わかりますか?

宅配仕事において、1件で複数個の荷物を完了できる時。配達個数単価制の場合、1件で5個完了出来れば5倍美味しいという感じ。お中元・お歳暮時にはこうした掛け算的な配送が期待できたりするのですが、最近はお中元・お歳暮という習慣が無くなってきましたからねぇ。通販なんかで複数の商品を購入する方も少なくないですけど、大抵一つの箱にまとめられたりする(´・ω・`)チーン

私が副業でやっている配送仕事は配達個数単価制ですが掛け算的な内容です。配送件数は1~3件ですけど、必ず1件が5~20個ほどとなるため効率は抜群!しかも短距離短時間!単価も一般的な宅配より相当高い!こうした案件を本業中に飛び込みで営業かけて探しているのです。昨年も1案件契約寸前まで行きましたが数量は多いのですが単価が安く配達先が少々面倒な相手だったので残念ながらご破算になりました。
もしこういう掛け算的な仕事がいくつか出来れば、本業(日給制)を辞めてもよいと考えています。日給制も今では短時間で完了するので相当効率良くはなっていますけどね。

 

積荷オヤジさんは掛け算的な軽運送業を営んでおります。これというのも起業家・ビジネスセミナーで鍛えられたベースがあったからこそ。稼げないと言われている軽運送業の世界でも稼げるポイントを見つけて楽しんでおります。時間を生み出し複業で収入を増やす。ちょっと残念なのは今は全てに自分の労力を投下していること。この壁を破る事が出来れば、もう一つ上のステージに行けると思います。

近未来的ドライバーは足し算ではなく掛け算で稼ぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です