得意を仕事にする時代から好きが仕事になる時代へ

仕事を選ぶ時、何を基準に考えますか?(考えましたか?)

敢えて自分の不得意なジャンルを選択する人は少ないと思います。何かしら自分の能力を発揮できそうな仕事を優先的に探そうとするのが一般的。
能力 = 資格 と置き換えることができるかも。

 

しかしスタートラインはそれを疑うことをしなかったのに、なぜこうも早々に転職をしたがる人が増えてきたのでしょうか?
一つは自分の能力を過信、もしくは勘違いしていて現実とのギャップに戸惑う場合。
もう一つは能力を発揮することが自分の満足度に結びつかない虚しさを感じているケース。
そして職場環境がブラックであるというもの。

能力の過信・勘違いというのは自己責任の部分なので同情の余地も何もないのですが、満足度が低い・環境がブラックというのはもしかしたら職場や待遇に問題があるのかも知れないし、それこそやってみないとわからない部分。そこで我慢して続けてしまう人と早々に諦める人に分かれていくのですが、皆様ならどちらのタイプになりますか?

 

本当にその仕事・働き方が好きなのであれば、多少の困難は受け入れて続けると思うんです。すぐに職を変えようとすることは現代人的気質なのかも知れませんが、職の選び方という根本的な部分が間違っていると思うのです。

新社会人は卒業というピンポイントでごく限られたタイミングで就職することが何か機械的な作業になってしまい、その時点における学歴や資格の有無で優劣がつけられてしまうなら自然と方向性や選択肢も限られてしまう。その僅かな選択肢しか許されないなら自分の望む働き方に出会えないというのも頷けますよね。ちょっと前までは就職するというのはどこかの会社に自分をはめ込むことでしたから。

しかし今は大企業志向でなければ売り手市場の世の中ですし、中小企業の中にも面白そうな会社はいくらでもあります。そこに気付くにはまず見栄やブランド志向を完全に捨て、自分の未来図と働き方をしっかりイメージすること。いかに好きなことで食っていけるかが長く続けられることに繋がりますので、就職・転職活動においてはそこに特化して探していけばミスマッチは減らせるはずです。ただあくまでもブラックな会社・職場には注意が必要ですけど。

 

求人という相手側の条件に自分を合わせようとするからどこかで無理している自分に気付きやり直す羽目になる。本来なら求職というこちら側の条件に合う働き方を探すべきで決して雇ってくれる会社を探すことではない。就職することだけが働くことではない時代になって来ているのです。もう終身雇用も退職金も約束されないわけですからどこかの会社にお世話になるという感覚でいてはいけない。自分が生涯付き合っていける仕事・働き方を探しましょう。

思わぬところに出会いがあるものです。
こんなことが仕事になればいいな!と思っていてそれが実現する人もいる。そんな例はネット上にはいくつも紹介されています。夢・理想を望む本気度が実現度と比例していくと思います。「夢はみるものではなく叶えるもの」という名言がありますが、まさにそれ。一億総起業家の時代になりつつあるのです。何せ就職せずに20歳前後で年収数千万なんて若者が次々に生まれているのですから、どこかに雇用されて窮屈と我慢の毎日の結果、また転職を考えるとか、「オレの人生、何やってんだろ?」となっちゃいます。

 

価値観がどんどん変わっていく時代、これまでの常識は通用しなくなってもおかしくない。自分のちっぽけな常識・世界観の中で生きているとチャンスも生まれません。考えるのはタダ。まずはリスクのない範囲でどんどん試してみれば良いと思います。私だってまさか執筆の真似事がお金を生んでくれるなんて、会社員時代には想像もしませんでしたから。布団の中でゴロゴロしながらできる仕事を経験すると、通勤して働くのがバカバカしくなります。そういう世界を実際に知ること・知ろうとすることは本当に大事。こういうことの積み重ねが人生の差になっていくのです。自分が知らない世界を「面倒臭い」「胡散臭い」と敬遠する人をよく見かけますけど、自ら情報弱者になろうとしているのですから勿体無い。

せっかくの人生、皆に平等に与えられているチャンスは食わず嫌いせずにドンドンかじってみればいいんです。そういう経験が次に繋がっていくのですから。これまでは得意な分野で仕事を探していましたが、これからは好きな事を働き方に結びつけていける、それが可能な時代です。
私も軽運送業でスタートした当時の10年前と比べると、今は全く違った景色が目の前に広がっていますから。これはたぶん軽運送業という狭い常識感・世界観に囚われないでいろいろな働き方を取り入れてきた結果だと思います。
近未来的な働き方って、個人の自由発想の上に成り立っていくのではないかと感じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です