台風の日の働き方

過去最強クラスの台風19号が明日関東を直激しようとしています。

先月に15号の恐怖を体験し、さすがに今回は真剣に対策をしているところが多いようですが、まだまだ利益優先で社員の安全を2の次にしているような企業が見受けられます。

 

これだけ科学が進歩してきた現代においても、ひとたび自然が猛威をふるうと人類はまだまだ無力。インフラを維持することすら難しい。特に鉄道網はいろいろな鉄道会社による路線が複雑に乗り入れを始めているので、どこかに狂いが生じると広範囲に影響が及んでしまう。

幸いというか今回は世間的には3連休ということで、前回の15号の時のような平日の朝の通勤ラッシュを直撃するような影響ほどにはならないようですが、それでも天災は何が起きるかわからない。何が起きてもおかしくない。
特に今回は台風の規模が大きくて暴風雨の時間帯が長くなるため、生活に及ぼす影響は多大なものになりそうですね。

 

私が片足突っ込んでいる(笑)運送の世界は台風や大雪といった天候による影響をモロに受ける。
今回は早々と佐川急便が12日の配送・集荷等の業務を中止すると発表しました。これは画期的出来事だと思います。何せAmazonという超大口の荷主を手放したぐらいですから、強欲な経営者が多い運送業界にしては経営判断が素晴らしいと思います。トップがこうして1日2日の利益を潰してでも従業員の安全を優先にするということは、会社のイメージアップに繋がります。

一方の運送業界の雄であるヤマト運輸は曖昧な対応表明をしていましたが、佐川の英断を知ってしまっては対応せざるを得ませんね。佐川に遅れること数時間してから同様に配送・集荷・発送受付を中止すると発表がありました。

業界の2トップがこうした発表をすることにより、その他大勢の運送会社も次々と同様の対応を始めました。明日は東日本ではほとんど物流がストップするかもしれません。
今日の昼間にはスーパーの店先から食品が消えたという報道が相次いでおります。経験したことのないような災害に備えて皆が買い込みに奔走した結果なのですが、明日トラックがほとんど走らないということはお店に食品が並ぶのは早くても日曜のお昼以降となりそうです。これも楽観的観測なので、実際に停電や崖崩れ・河川の氾濫等で道路が寸断とかになれば更に食糧不足は長引く恐れもあります。

 

こんな被害がこれから毎年当たり前のように起きて行くのでしょうか?
災害級の天候不順に直面しても、仕事をするためにどこかに移動を余儀なくされている働き方をしている人は消耗を繰り返すことになる。若いうちはまだ何とかなるだろうが、50代60代の中高年にはたまったものではない。

最近は在宅勤務やテレワークを取り入れる企業も増えてきているが、まだまだ極一部にすぎない。経営者の中には自分の目の届かないところで従業員が仕事をしていることに納得も信用もしていない人は多い。
皆様が経営者の立場であったならどう考えますか?

 

今は気合い・根性論で人は動かない。
自分が苦労してきたことを基準にしてはいけない時代です。逆に実際に苦労したのであれば、その苦労を回避するアイデアがあってもいいはず。「あの時こうしていればなぁ」を役立てないと。「俺が苦労したんだからお前らも苦労しとけ」なんて平気で言う経営者や上司の下ではこの先の人生はたかが知れている。過去に学ばなければ一生社畜で終わります。

 

職場に行かなければお金にならないとう働き方って何とかならないものだろうか?
出勤に2時間も3時間も費やして靴もスーツもカバンもビショビショにして手当てすら出ない。まあ会社員ならそれも給料のうちと割り切れるのだろうけれど、自営業やフリーランスはそういう理不尽な苦労は金にならないので積極的に回避し、マイナスをプラスに変えていくことをしなければなりません。

 

今回の台風により私がお世話になっている運送会社では、明日の稼働予定の委託には配送中止を通達いたしました。おそらく社員トラックドライバーも業務中止になると思います。委託は日当が無くなり社員は1日分の手当てが無くなります。

私は土曜日の運送仕事は無いのですが複業の倉庫仕事を半日ほど入れています。ただし明日の状況は出勤は難しいのでキャンセルいたしました。ほとんどのメンバーが出勤できないし肝心の荷物を運んでくるトラックも動いていないので仕事にならない。半日分の日当が無くなりますけど、その代わりにWebライターの仕事を2本入れました。暴風雨で外出すら出来ない時の私の働き方です。倉庫仕事の日当をこれでペイできます。どう転んでも収入が変わらない働き方です。

暴風雨の中を職場に向かう無駄を省き、自宅でストレス無く仕事をする。
今はまだ無理せず確実にライティングしてますが、皆が通勤に苦しむような状況でも自宅で確実に収入を発生する働き方は大事に育てていこうと強く思っております。

自分に合った働き方って絶対にあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です